プロフィール

haru

Author:haru
ISLAND GIIIIIIIRL の haru です
海の遊び大好き♪ 
おいしいもの大好き♪
子育てしながらウェブショップ【ゆいバザール】もやっています。

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんもの凛

いたずらっ子な目はクロと似てるかな?

ちなみに大きさはクロの2分の一ぐらいです。

ご対面したらおもしろうそうなのになぁ。

090301
スポンサーサイト

凛???

090228

凛ちゃん毛がのびちゃったの??

って、違いますよー。

タイの父の家に2年ぶりに行ったら、ラブラドール×ゴールデンの「クロ」1才♂がいました~♪

ちぢれ毛がかわいいでしょ?



オーストラリアといえば・・・

やっぱりこれ!
朝陽に赤く染まるエアーズロック(ウルル)

広大なサバンナの中に突如現れる巨大な1枚岩の山です。
標高は300mほどですが、地中2km~5kmほどの深さまでつながっているというので、驚きです。

090219-3

アボリジニの聖地であるこの地
彼らにとって、ここに登ることは好ましくないことのようです。

090219-2

というわけで、ヘリツアーに参加。

090219-4

夕方のやわらかな光に包まれるウルル(エアーズロック)

090219-5

神々しいカタジュタ
(遠くに小さくウルルも見えます)

090219-6


街へ

大満喫の島に別れをつげ、セスナに乗り込みます。
一路ブリスベンへ。
上空からみる海岸では、波がブレイク。

090224-1

ブリスベンでは、留学して2週間のカリンちゃんに再会。
楽しいひとときを一緒に過ごしました。

090224-3

とってもローカルな雰囲気のバーで、
ここでしか飲めない木樽からの生ビールをいただきました。

090224-2

芳醇な香りでおいしい!

オーストラリアはビールもワインの種類が豊富ですね。


Turtle Study

夜、ふたたびウミガメのレクチャーに参加してみると、
「夕方、ビーチに産卵に上がってきているアオウミガメがいたので、観察に行きましょう」
と、ガイドさん。

産卵にくるウミガメは当然ナーバスになっているので、観察には注意が必要ですが、産み始めたカメはもう何ものにも動じないので、フラッシュ撮影も大丈夫なのだそうです。
(海からビーチに上がってきて、産卵場所をさがしている時が最も注意が必要で、少しの明かりでも警戒して産卵をしないで海に戻ってしまったりするそうです)

で、ガイドさんについていくと、
甲羅の直径が1メートルぐらいありそうな立派なアオウミガメが、まさに産卵の最中。
すでにたくさんの卵がありました。
初めて見ました!感動的!

090222-4

すべて産み終わると、ヒレで器用に卵に砂をかぶせます。
このメスは右のひれの方が少し小さく、これは以前のシャークアタックの跡だそうです。

090222-5

前から見るとこんな子です。
(と言っても、まず間違いなく私より長生きしています)
モンパノキの下の安全な場所を巣に選んだのですね。

090222-10

そしてすべての仕事を終えると、
ゆっくりゆっくり、Turtle timeでビーチを下り、
無事に海へ戻っていきました。

090222-11

その後は、島の裏側の真っ暗なビーチに
先に保護した自力で海へ行けなかったコガメちゃんたちを、放しに行きます。

090222-7

波打ち際に立つガイドさんのライトだけを点けて
ビーチの上でコガメを放すと、
光に誘われて1匹2匹・・・、ヨチヨチよちよち・・・
すべてのコガメが大海原へ旅立っていきました。

090222-8

こんな勉強会、なかなか参加できるものではないですね。
貴重な体験をしました!


小さな島の生き物いろいろ

夜明けとともにベッドを抜け出し、散歩。
日中は容赦ない陽射しを受けますが(やはり南半球の日光は半端じゃない!)、朝晩はとても快適です。

090221-12

夜のうちにウミガメが産卵に上がってきた跡が無数にあります↓

090221-5

この島でのいちばんの目的はもちろんダイビングですが、その様子はトクちゃんブログでどうぞ。すごいですよ!

ダイビングから上がり、干あがったラグーンを散策していると、
干あがっちゃったおまぬけなぺロケ(ブダイ)を発見。
「こんなハズじゃなかったぁ~」と、バツが悪そうでした。
もう少しで潮が上がってくるところだったので、多分生き延びられたでしょう。

090222-1

そのすぐ近くの水深40センチほどのところでは、1メートルほどのブラックチップがパトロール中。

090222-2

目とクチバシと足が赤い、なんともかわいい海鳥もいました。

090222-3

夕方はウミガメに関するレクチャーがあり、ガイドについて浜へ。
ガイドが掘り出したのは少し前にカメが卵を産みつけた穴。
↓見えますか?ハッチアウトしたのに、地中から外に出られなかったコガメです。

090221-10

次から次へと出てきました。
いったん保護して、後で海へ返すのだそうです。
それにしても愛くるしい!

090221-9

↓こちらは、抜け殻と孵化できなくて腐ってしまった卵。
ガイドさんがその数をカウントしていました。
この島では地元大学と協力して、ウミガメに関する様々なデータを取っているのだそうです。

090221-11

ウミガメの勉強会はまだまだつづきます・・・。


南半球の小さな島

寒い(と言っても奇跡的な暖かさだったけど)日本を抜け出して、南半球へ。

やって来たのはこんな小さな島↓

090221-1

セスナで上陸です。
ちなみにこれが滑走路↓ 少々ラフなランディングではありました。

090221-7

この島は鳥の楽園です。
島中どこを見ても鳥だらけ。数種の海鳥に、クイナに、メジロ・・・。
夜になっても鳥の鳴き声が止むことはありません。

090221-2

リゾートの敷地内もこのとおり↓

090221-8

眺めていると、鳥たちの間にもいろいろなドラマがあるようです。
巣をあたためるもの、ヒナに餌をやるもの、喧嘩するもの、愛情表現するもの・・・、
眺めていると、飽きません。こんなに鳥をじっくり観察したのも、多分初めてのことですね。

歩いて1時間ほどで島をぐるっと1周まわれます。

穏やかなサンセット↓ でも鳥たちはこの時間がいちばん活発です。

090221-3

と、浜で小さなウミガメを発見!
今まさに、ハッチアウトして地上に顔を出し、海を目指しているところです。
その必死な走りが、このブレた写真から伝わるかな?

090221-4

そう、ここはウミガメの島でもあるのです。

グルメな旅 in 神戸

トクちゃんの実家の神戸に里帰り。

おいしいもの食べまくるぞ~とのことで、
初日はまず、あっこおばちゃん(実の叔母)と西宮阪急の中のお洒落なイタリアン♪

↓お皿もカラフルで美しい前菜の盛り合わせ
090212
↓キッチンもよく見えます
090213

お料理グッド、ワインもグッドで、
陽気なイタリア人スタッフとのお喋りもはずみ、楽しいお食事でした。

翌日は三宮の大きい本屋さんへ。
普段amazonでしか本を買わないので、本屋さんは楽しいですね~。やっぱり中を見て買えるのがいいですね。

↓頼まれたものがほとんどだけど、こんなに買い込みました。
090214

翌日は、ランチにまたイタリアン。

↓ここの釜焼きのピザは絶品!
090215

夜は、昨年帰省した時からするとハマっている近所のスーパー銭湯へ!
天然温泉なのですで、慣れない内地の乾燥に悲鳴をあげているお肌には本当に嬉しいのです。

090216

最終日は・・・
↓友人に神戸ワイナリーに連れて行ってもらいました。
090217

↓締めは近所で焼肉!
090218

他にも、ラーメンやお好み焼きなど、なんてことはないけど、普段島にいるとなかなか食べられないものを楽しみました。

まだまだ旅は続くので、ここでこんなに食べていたら、この先どうなることやら・・・。

それにしても、この神戸滞在中は毎日ぽかぽかと春のような陽気。
寒いの覚悟で来ましたが、とっても快適に過ごせました。

旅立ちの前夜

明日から旅に出ます。

今日は祭日ということもあり、1日かけてゆっくりと旅の準備をすることができました。
パッキングはもちろん、冷蔵庫の整理や、仕事の引継ぎなどなど・・・。

で、いつものコトながら
旅立ちの前夜というのは、なんだかテンションが上がっているので、なかなか眠れそうにもありません。

今回の旅も、海あり山あり・・・
ひょんなところで、ひょんな人と会う約束をしていたり・・・
おいしいものもいっぱいありそうで・・・
楽しみです。

↓写真は数年前に訪れたカンボジア・アンコールワット

090211

大自然もすばらしいですが、人間の造るものもまたすばらしいですね。

では、行ってきます♪






Morning surf

お休みなので、遅くまで飲んでいたにもかかわらず早起きして海へ。

静かでピースフルな朝です。

090209

最初にチェックしたのはこの波ですが↓

090208

考えた末、別のポイントに入りました。

風がまったくなくグラッシー。
海の中のサンゴや魚たちがくっきりと見え、天然の水族館を楽しみながら沖に漕いでいくと、波の向こうではカメもひょっこり水面に顔を出していました。

小さい波なので、ひとりっきりでも安心です。

にっこにこで楽しんでいると、
ん??
何だか北の空が黒い・・・。
小さかった波も徐々にサイズアップ。
前線通過する予報だったっけ?
十分楽しんだのでまいっかと上がりました。

その後程なくして北風が吹き始め、先ほどまでの静寂はどこへ・・・。
雨の一日となりました。

早起きしてよかったさぁ~

春??

おとといまでは夏日でしたが、昨日今日は曇り空でちょっと肌寒いです。
と言っても、暖房要らずなので、やっぱり暖冬ですね。

職場の近くのカンヒザクラが、今が見ごろの満開です。
車を停めて、しばしひとり花見♪

090205

近くには小さな白い花をたくさんつけたエゴノキもありました。
内地では5~6月に咲くみたいですね。

090206

風に吹かれて花がたくさん落ちていて、
ジャスミンのような甘い香りが漂っていました。

090207

南島はもう春かな??

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。