FC2ブログ

プロフィール

haru

Author:haru
ISLAND GIIIIIIIRL の haru です
海の遊び大好き♪ 
おいしいもの大好き♪
子育てしながらウェブショップ【ゆいバザール】もやっています。

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サガリバナ

もう島に何年も通っているのに、まだ一度もサガリバナを見たことがないというまっちぃと、
早朝サガリバナカヤックツアーに行ってきました。

サガリバナは6月~7月にかけて咲くマングローブ植物の一種で、夜開花して翌朝には落ちてしまう花。
その花が川に落ち水面を漂う様は、何とも幻想的。
毎年この時期には忙しくても必ず見に行っています。

まだ真っ暗な4時前に起床。
集合場所の後良(シイラ)川に向かいます。

到着して、他のお客さんと一緒にガイドのコ○ロさんから簡単なレクチャーを受け、さぁ出発!
と、ここでパドルが2本足りないというプチハプニング。
カヤックはすべて二人乗りなので、コ○ロさんと、どう見てもフツウのお客さんではない私が、ひとりでふたり分漕ぐってことで、丸く納まる。

まっちぃお姫さまを前に乗せ、いざサガリバナ咲くマングローブの森へ。

0628

アカショウビンやサンコウチョウの鳴き声が、静かな夜明け前の森に響き渡ります。

気持ちよく上流へと漕ぎ進んでいくと、川幅がだんだんと狭くなり、
ふわっと甘いサガリバナの香りが。
見るとまだ蕾がたくさんついた房にピンクの花がちらほら。

0627

今年は花の咲きが遅いらしく、まだまだ漂うほどたくさんの花はなかったのですが、それでもやはりサガリバナには不思議な存在感があります。

暫しのあいだ花を眺め、朝ごはんのおにぎりをいただき(自然の中でのごはんはいつも最高においしい!)、日頃の忙しさを忘れてスローな時間を満喫。

もちろんお姫様もご機嫌でした♪


スポンサーサイト

Full Moon

満月の今宵、京都から来ているまっちぃをお誘いして、月光浴に。

ぶらぶらと港まで歩いて行くと、
ちょうど雲の中からまん丸のお月様が登ってくるところでした。

一昨日梅雨が明け、
日中は30℃まで気温が上がるようになりましたが、
夜はまだまだ過ごしやすいです。

防波堤に腰をおろし、
柔らかな海風を受けながら
一句・・・

そうです、一応「観月句会」という名目でやってきたんですね~。

考えている間に、おしゃべりが始まり、
弾んで弾んで弾んで・・・

フタを開けたら「ゆんたく会」で終わってしまいました~(笑)

句は宿題ということで・・・

0619



Camp!

念願のキャンプに行ってきました~♪

今年は小ぢんまりと二家族(おとな4+こども1+いぬ1)で。

朝10時に港に集合。荷物を積み込んで出発!

行き先は、島の西側の湾内の船でしか行けないビーチ。
周りに人工物は一切ないので、無人島と同じ感覚かな。

キャンプ地に荷物をおろしたら、さっそく食料調達に。

まずはリーフでルアーフィッシング。
小一時間のあいだに結構簡単に釣れてしまって、とりあえず何も食べれないという心配はなし。
釣りには今まであまり興味がなかったけど、結構ハマりそうです。

その後、トクちゃんと洋ちゃんが潜って更なる獲物を狙っているあいだ、
のぶちゃんとイッチーは浮き輪でパシャパシャ。
私は近くのくるぶし位の波でむりやりスタンドアップパドル。そしてそのままSUPで、近くのビーチに上陸。
前から気になっていたこの無人ビーチで、きれいなビーチグラスをたくさんGET!

たくさん遊んだと思ったのに、キャンプ地に戻ってもまだまだ陽が高く、みんなでSUPでもうひと遊び。
時間の流れがゆっくりでいいなぁ。

06091

それからのんびり晩ご飯の準備をして、
できたのはお刺身に、ホイル焼きに、パエリヤ♪
美味しかったのは言うまでもなし!

06093

食後も時間はゆったりと流れ、
キャンプファイヤーの火を見つめながら長い夜が過ぎていきました。

06092

お腹いっぱいで酔いもまわって眠くなったところで、ひと足先に寝床へ。

今回、洋ちゃんファミリーはテント泊だけど、私たちは船上泊。
船は浜から10mほど沖に泊めてあるので、ここでもまたSUPが活躍。
まるでイカダの渡し舟みたいで、かなり滑稽。

でもパドルを漕ぐと夜光虫があらわれて、幻想的。
そして見上げれば満天の星空。
何とも贅沢な夜でした。

翌朝は、普段はあまり早起きしない私が夜明けとともにパッチリ目が覚め、ひとりSUPでクルージング。
静かな海面、響き渡る鳥の声・・・。
ゆっくりと湾の奥へと漕ぎ進んでいきました。
そのままマングローブが生い茂る川にはいっていき、さらに上流へ。

ピースフルな時間を十分に堪能してキャンプに戻ると、みんなも起きていました。
ここでまだ7時半なのにびっくり!

コーヒーとベーグルサンドの朝ご飯を食べて、さて帰る前にもうひと遊び。
素潜りで魚突き、SUPでフィッシング、二度寝、砂遊び・・・と、各々が満喫。

朝からいっぱい遊んだのにまだ10時。
でも、そろそろ行きますかねってことで、片づけをして帰路へ。

帰りは、ボートの心地よい揺れにみんなすぐにウトウトしだして・・・
特に初キャンプのイッチーは爆睡。
そして凛ちゃんはおすわりのまま寝てました(笑)。

素潜り魚突きにハマっていたが、「魚がかわいく見えてかわいそうで突けなかった」と言う洋ちゃん。
はだかんぼうで砂だらけになって遊んでいた、ワイルドなイッチー(まもなく2才)。
昼間のビールの美味しさをいちばん堪能し、SUPの楽しさも知ってしまったのぶちゃん。
「魚は釣れるものではない」という考えを遂に打ち破り、「竿がほしいな~」とトクちゃん。
ほとんど寝ずに遊んだ凛ちゃん。
そしてやはり釣りの楽しさ、SUPの新たな遊び方を発見し、24時間を48時間分ぐらい遊んだ私。

みんな充実感いっぱいの、にっこにこキャンプでした♪

さて、働くぞ!

手打ちうどん

忙しさが一段落し、時間的にも気持ち的にも少し余裕ができました♪
中旬からはまた忙しくなるので、束の間…ですが、この間に充電充電。

今日は、うどん打ちが趣味の友人ひろみちゃんに、手打ちうどん講習会をしてもらいました。

講習生?は4人。

まずは、粉に塩と水をなじませていき、
それをビニール袋に入れて、足で踏みます。
ふみふみふみふみ…
広げた生地を折りたたんでまたふみふみ…
繰り返すこと20分ぐらい。

できあがった生地は丸めて3時間ぐらいねかせます。

でも、3時間も待ってられないってことで、
ここで、先生があらかじめ仕込んでおいてくれた生地が登場。

それを、長ーいめん棒でころころと延ばしていきます。
うどんの生地って結構硬くて大変!
体重を乗せて、ころころギュッギュッと。

うすーく延びた生地をたたんで、麺切り包丁で切って、
できあがり!

打ちたてのうどんは、もちろんすぐにお昼にいただきました~♪
腰があっておいしい!

↓写真はひろみ先生のお手本ふみふみ
0604

おみやげ(宿題?)として渡された寝かせ中の生地も、
夕方仕事が終わってから、きっちり麺に仕上げました♪

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。